×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

    

 

  宗右衛門 『鉄道ジオラマの世界』 作品集   『冬の記憶』シリーズ
            

◆「たこ・たこ・あがれ!」 (2003年)

                        お正月に、家族みんなでおじいちゃんの田んぼでたこあげしたんだ。
                        先生は線路の近くでたこあげしちゃだめっていってたけど、おとうさんは「風のむきはちがうし、ここならだいじょうぶ」っていっ
                         たし、おじいちゃんも「田んぼでたこあげすると、田んぼの神様がよろこぶよ」っていってたから。
                         田んぼの神様、ここでたこあげてもだいじょうぶだよね?
                        おじいちゃんの田んぼはとっても広くて、でこぼこしていて走るのがたいへんで、それに田んぼは風がとても強くてさむかった
                        んだ。だけど、おとうさんといっしょに田んぼの中を走っていると、だんだん体があたたかくなって、とても気もちよかったんだ。
                        おかあさんといもうとは、あまり走らなかったから、さむそうにしていたけど、たこが青い空にあがると、とてもよろこんでくれた
                        んだ。
                        田んぼのたこあげは、とてもたのしいおもいでになったんだ。
                         でも、おとうさんがピカピカにみがいたばかりの車は、田んぼ道を走ったから少しよごれちゃったね。
                        おじいちゃんちに帰ったら、ぼくがきれいに洗ってあげるね。
                         だから、またらい年のお正月も、おじいちゃんの田んぼでたこあげしようね。

   

                          ◆ 作品サイズ   215o×105mm×60mm
                          ◆ 人    物   TOMIX社・KATO社製品を加工・着色

 

▲ このページのトップへ

 

 

(C) Copyright 2004-07 マジブラ工房 宗右衛門     All Rights Reserved

当サイトに掲載されている全ての文章・写真画像の著作権は宗右衛門にあります。
許可なく転載・複製または使用することを禁じます。